お出かけ

【お得】ひらかたパーク(ひらぱー)小学生割引最大1人300円もお得になる方法♪

ひらかたパークへ行こうと計画されていて、なおかつ小学生の割引はないかな?と考えておられる方への記事になります。

ひらパーのもともとの料金はそこまで高くはないですが、主婦をしていると10円でも50円でも100円でも安くしたいというもの。

 

さらにその人数が増えれば増えるほど・・

 

というわけで、ひらパーの小学生の割引について何が一番お得なのかご紹介します!

ひらかたパーク(ひらぱー)小学生割引

ひらかたパークの小学生の割引は結構色々なところでされています

  • みんなの優待割引(前売り券|最大500円割引)
  • dエンジョイパス割引(前売り券|最大500円割引)
  • ひらパーGO!GO!チケット(前売り券|300円割引)
  • e-kenet割引(クーポン|最大300円割引)
  • JTBチケット(前売り券|最大200円割引)
  • ローチケ割引(前売り券|最大200円割引)
  • セブンチケット割引(前売り券|最大200円割引)
  • 株主優待割引(株主優待|招待券)
  • 「チケット付き」ホテル宿泊プラン(宿泊とセットでお得)
  • アソビュー

こんなにたくさんのところから割引チケットが入手できちゃいます。

ただ、実質必ず入手できる割引チケットはこの中でも少なくて、アソビュー、GOGOチケットぐらいなんですよね。

 

ほかのJTBチケットやローチケなどは、期間限定だったりしてある時とない時があるのでがっかり感は半端ないです(;’∀’)

 

いつでも入手可能な2点でご紹介していこうと思います!

もちろん、ほかのところも期間によっては入手できるので覗いてみるのもいいです!



基本料金

まずは基本料金

【入園のみ】

▶大人(中学生以上):1,500円

▶小学生以下:800円

【入園+フリーパス】

▶大人(中学生以上):4,300円

▶小学生:3,700円

▶2歳以下:2,600円

ひらかたパーク(ひらぱー)小学生割引 GOGOチケット

料金

実は京阪・地下鉄どちらもあります。

ただ、料金が違うので注意しましょう!

【京阪の場合】

▶大人 1,800円

▶小児 1,000円

【地下鉄の場合】

▶大人 2,300円

▶小児 1,200円

こちら実際購入してきたものなのですが、電車で行かれる方へのおすすめのチケットです

このチケットのいいところは、

  • 往復電車賃込み
  • ひらパー入園料
  • 特典がついている

などとってもお得なチケットなんです。

往復電車賃込み

これは、そのままなんですが往復の電車がこのチケットがあれば乗れちゃう!

なので、わざわざ切符を買わなくていいのです。

ありがたいですね~。

乗り場所にもよりますが、京阪の端っこから乗ればかなりのお得になります!

 

乗れる区間は、

【京阪】京阪電車 京阪線全線【乗り降り自由】

※大津線・石清水八幡宮参道ケーブルは除く

【地下鉄】Osaka Metro 全線(乗り降り自由)、大阪シティバス 全路線(大阪シティバスの規則等で定める路線を除く)、京阪電車 往復区間 守口市駅~枚方公園駅(途中下車はできません。)フリー区間 淀屋橋駅・中之島駅~守口市駅

 

地下鉄の方のチケットは少し高いですが、京阪からも乗れるので結構色々な行きかたができました!

最寄り駅によってどちらを買うか決めるといいですね


ひらパー入園券

このチケットでひらパー入園券になります!

なので、先に購入しているので入るときが楽!

特典がついている

このチケットには、さまざまな特典が付いています!

【京阪】

  • 直営ショップ (ノームショップ/ウィザードヴィレッジ/フロドの森)
    商品 10%引き(一部対象外あり)
  • 直営カフェ店舗 (ドリップ&ドロップ コーヒーサプライ/ディッピンドッツ・アイスクリーム)
  • 全品 50円引き(アルコール商品除く)
  • 園内のりものフリーパス(おとな・小学生)を割引!¥3,000 → ¥2,700

また、京阪沿線の社寺・施設で優待特典が受けられます!

おトクなチケットに記載のクーポンマークのご呈示で、京阪沿線の社寺・施設で割引などのおトクな優待をご利用できます!

まぁ、こちらはついでのような感じですが興味がある方にとってはいい特典ですよね!

【地下鉄】

  •  園内のりもの1日乗り放題フリーパス(おとな・小学生のみ)300円割引
    ※キッズ(2歳~未就学児)のフリーパスは対象外です。
  • プール(夏シーズン)・スケート(冬シーズン)入場料割引

などこんなにもあります。

購入できる場所

購入は、

【京阪】

中之島、 淀屋橋、 天満橋、 京橋、 守口市、 寝屋川市、 香里園、 枚方公園、 枚方市、 樟葉、 中書島、 丹波橋、 祇園四条、 三条、 出町柳の各駅

【地下鉄】

それぞの駅の Osaka Metro全駅駅長室Osaka Metro駅構内定期券発売所

 

これらで購入ができます

なかなか駅員さん室にいくのはないことなので大人でもドキドキしました(;’∀’)

 

ただ、このチケットにはフリーパスがついていないので現地で購入することになります

その分を踏まえてお得かどうかしっかり計算しましょう!

ちなみに今回は、ママ友仲間同士でいったので子供の分のみフリーパスを購入しました

ですので、大人はこのチケットのみでOK。

実質、電車が少しお得になったぐらいのお得感でしたが、子どもはかなりお得になった記憶です。



アソビュー

アソビューとは、チケットなどを前売りで購入できるサイトです。

かなり大型サイトなので色々な場所のチケットが購入ができます

ひらかたパークも例外ではなく、チケットが前売りで購入ができます(*^^)v

料金

アソビューで買った場合の割引は以下になります

【入園のみの場合】

▶おとな(中学生以上)最大6%OFF1,600 →1,500円
▶こども最大11%OFF900→ 800円

【フリーパスの場合】

▶大人4,600→4,300円
▶小学生5%OFF3,900→3,700円
▶未就学児2歳〜4%OFF2,700→2,600円
▶2歳未満 無料

 

最大300円オフとなっています

少ないようですが、家族4人で行っても最大800円オフなのでぜひこの機会をお見逃しなく♪

我が家でも、家族で行く場合は車なのでこちらのクーポンをゲットしています。

1000円以上はお得になるので、お得感が半端ないです(*^^)v

その他の割引きサイト

その他の割引のサイトも一気にご紹介

  • みんなの優待割引(前売り券|最大500円割引)
  • dエンジョイパス割引(前売り券|最大500円割引)
  • e-kenet割引(クーポン|最大300円割引)
  • JTBチケット(前売り券|最大200円割引)
  • ローチケ割引(前売り券|最大200円割引)
  • セブンチケット割引(前売り券|最大200円割引)
  • 株主優待割引(株主優待|招待券)
  • 「チケット付き」ホテル宿泊プラン(宿泊とセットでお得)

となっています。

 

期間でたまに出ていているときもあるのでチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回はひらかたパークのお得な割引チケットの入手方法をご紹介しました。

色々な方法があるのでどれがいいのかな?と悩みますが、実質お得な方法のみご紹介してみました。

ぜひ参考にしてみてください

ABOUT ME
yun
4人の子供を現在子育て中にアラフォーママです。 上はもう社会人~下は小学生まで! 子育てをしていく中で沢山のことを学びました なにかみなさまのヒントになれば幸いです