子育て

【小学1年生】チャンレジタッチを受講させてみた!徹底口コミ!

こんにちわ^^

今回は小学1年生の娘がチャレンジタッチをしたいというので受講させてみました。

 

役に立つ?

チャレンジタッチをさせてみてよかった?

 

など今チャレンジタッチをさせようか悩まれている方に少しでも参考になればと思い書いていこうと思います

 

 

4月号の付録は緊急で鬼滅の刃コラボでおさらいドリル&消しゴムがもらえるよ☆

記事の最後にご紹介しています☆

 

【小学1年生】チャンレジタッチを受講してみた!レビューや徹底口コミ!

 

チャレンジタッチをしたいと言い出した娘

小学1年生の娘は、YouTubeを見ていたときに広告として出てきたチャレンジタッチを見てこれやりた~いといいだしたのが始まり。

 

親としては、絶対続かないだろう・・というのが本音。

だけど、勉強とわかってかわかっていないかわかりませんが、ただ、勉強をやりたいと言い出しているし、頭ごなしにどうせやらないというのも親としてどうなのかなという思いから、1か月か2か月だけ様子見で受講することを決め、すぐに契約する流れとなりました。

 

これで続かなかったら解約したらいいだけですからね

というわけでこういう流れで始めることになりました。

[ad]

ネットで契約してから1週間ほどで届きました

 

箱の中には、チャレンジタッチをするタブレット以外にも問題集や漢字辞典、使い方ガイドなどなど沢山のものが入っていました!

 

子どもはタブレットを見るだけど嬉しそうでしたよ☆

[ad]

タブレットの使い方はとっても簡単

 

見るだけど何となくわかるくらいのごちゃごちゃせず、電源や音量などのみの簡単な配置です。

電源は長押しすればつくのでお子様でも簡単につけられるようになります☆

ただ勉強をするだけではない!

実は勉強をさせるだけでは子供はつまらないですよね

それをうまくしているなあと思うのが、今月号を全部いつまでに終わらせれば、こんなものがもらえるよという仕組みになっています

今回娘は、ゆきのけっしょうけしゴムがほしい!!!といって、1月号をかなり入スペースで頑張っていました!

 

あと、それぞれの11月号や12月号など全部おわらせていくことでポイントが貯まっていきます。

このポイントが貯まっていくと、色々なものとリアルに交換ができます☆

こんな感じでポイントによって沢山のものと交換ができちゃうので子供のやる気も上がりっぱなし!

さらにさらに・・・!

何月号の付録はこんな感じという風に何かしらの付録が付いてくるので毎月頑張るゾ!というやる気を起こさせてくれます!

今回は小さく下の方にありますが九九の勉強ができるウォッチも届きます。

2年生はこれで九九を憶えてくれるといいな~と思っているのですが★

 

こんな感じでただひたすら勉強をするだけではなく、こどものやる気をいかに起こさせられるかをうまく考えているなと思ったのが感想になります。

[ad]

勉強の進み方

勉強の進み方は、それぞれ登録の際にどの学校に通っているのかを登録します

そうすることで、学校で習うものを先にチャレンジタッチではしていきます

なので予習になります。

1年生での予習は、かなりまだ難しい面もありますが、実際学校で習うときには本人も見たころのある漢字だったり、算数でもチャレンジタッチで先にやるので宿題などはスラスラできたりと、チャンレンジタッチではわからないと挫折しそうになりますが、学校で習う際にはわかっていることなので余裕をもってできているのではないかな?と思います。

[ad]

チャレンジタッチをさせてみてメリットデメリット

チャレンジタッチをさせてみてメリット面やデメリット面を感じのでご紹介します

チャレンジタッチをさせてみてのメリット

勉強をする時間が増えた

チャレンジタッチをさせてみてのメリットはやはり勉強をする時間が増えたこと。

今まで学校の宿題オンリーの勉強の時間が、宿題の後にチャレンジタッチをする時間が増えました。

なので自然に勉強をしている時間が長くなりました。

家の中で勉強ができる

やはり、塾などの習い事だと外に行くので送り迎えが必要になったりしますし、1人で行かせると心配ですよね。

チャレンジタッチは家でできるものなので、とてもありがたいと思いました

漢字の書き順に強くなる

チャレンジタッチのこれはタブレットバージョンのみになりますが、タブレットの場合漢字の書き順や、ハネルまでしっかり見張ってくれています

そのため、少しでも書き順を間違ったり、ハネていなかったりするとそれだけでやり直しになります。

 

娘は少々えぇーとなることもありますが、親としてはいいのかなと思ったりします

これを紙を選ぶとそれがないのでタブレットを選ぶとこういう利点もありますよ☆

料金が安い

我が家ははじめお試しで始めたので月払いにしているので3680円になります

ですが、3680円でも十分安いなと思いました

公文などを行かせることを考えると、毎月たった3680円はかなり安いです。

 

これは年払いにすれば2980円とさらに安いですよね

もう少し続きそうなら年払いに変更を考えています!

 

付録もついて、ポイントで交換で好きなものが手に入るし遊び感覚でタブレットを触れてこの値段で家でいつでもお勉強ができるのは非常に助かる金額だなと思いました。

チャレンジタッチをしてみてのデメリット

デメリットもいくつかあります。

親が勉強を見ないといけない

やはり教えるのはこちら側の親になります

先生が教えてくれるわけではありませんからね。

 

教えるのはいいですが、やはり子供も親が教えているため、わからなかったり、間違ったりすると、ぐにょぐにょ機嫌が悪くなったりとなかなか面倒だなと思うときもあります(;’∀’)

タブレットなのであってても間違えていると読み込んでしまう

これはどういうことかというと、タブレットなので、あっている答えを書いても、うまくそれを認識できていないのか、”あ”とかいても”け”と認識してしまったりと・・(笑)

娘も、なんで~!?となったりはしましたが、今では、ちゃんと合っているように認識されているか確認してから”こたえあわせ”をします。

 

ここが紙とタブレットの違いなのかな?と思ったりします。

最後に・・

色々ご紹介してきましたが、何となくチャンレンジタッチのメリット面やデメリット面などわかっていただけましたか?

 

我が家でもここまで真面目に取り組んでくれると思っていませんでしたが、意外にもかなり頑張っています。

それはやっぱり子供心をくすぐる付録やご褒美があるからですよね。

 

頑張る理由はどうであれ、勉強をする時間が増えたのはいいことだなと思いました。

こちらが疲れているときに教えないといけないのはかなり面倒になるときもありますが、それもはじめだけで、だんだん慣れてくると自分で頑張ろうとしてくるようになります

国語の文章問題も初めは読むのも面倒・・という感じでやる前からわからないといったりしましたが、今ではだいぶ自分でしっかり読んで取り組んでくれるようになりました

 

もちろん、やる、やらないは、個人差があると思います。

なのでとりあえず悩んでいるならば、1か月や2か月だけでもやってみるといいかもしれませんね。

だめなら解約すればいいだけなんです。

子どももそれで解約されたりしても文句はないでしょうし☆

 

あと、ちなみに次の4月号には緊急告知で鬼滅の刃がコラボします☆

 

おさらいドリル&オリジナル消しゴムがもらえるとか!

娘も喜んでいます☆

 

というわけでチャレンジタッチのご紹介でした☆

 

ABOUT ME
yun
4人の子供を現在子育て中にアラフォーママです。 上はもう社会人~下は小学生まで! 子育てをしていく中で沢山のことを学びました なにかみなさまのヒントになれば幸いです