新幹線

新幹線子供料金は何歳から?座席のおすすめや必要な対策などまるっとまとめ☆

新幹線にこども連れで乗るときってすべてにおいて不安がつきまといますよね。

そして、はじめての子供との新幹線・・

子供っていくらからお金がかかるの?

そして、ぐずったらどうしよ・・・

飽きさせないようにするには?

おすすめの席はどの席がいいの?

 

考えたらキリがないですよね・・

今回は新幹線子供料金は何歳から?座席のおすすめや必要な対策などまるっとまとめていきます(*‘∀‘)

 

GWやお盆などの大型連休でかなり人が混雑しそうなとき特に気に留めておいてほしいので参考にしてくださいね^^

新幹線子供料金は何歳から?座席のおすすめや必要な対策などまるっとまとめ☆

こども連れではじめて新幹線旅行!

子供と一緒に新幹線に乗るけど、気になることが山盛り!

料金も気になるし、座席はどこを取ればいいの?

など、気になることをまとめていきます!

新幹線の子供料金は何歳から?

子供とはじめての新幹線旅行!

子供って何歳からお金かかるの?って一番気になりますよね。

まず子供の料金ですがこうなっています。

年齢 料金
おとな 12歳以上
(中学生以上)
大人運賃・料金
(正規価格)
こども 小学生

(6歳~12歳)

小児運賃・料金
(半額)
乳幼児 0歳~6歳
未就園児
無料

こんな感じになっています。

こどもの年齢にもよりますが、乳幼児は0円となります。

 

でも注意したいのが乳幼児でもお金がかかるときもあります。

大人1人につき、乳幼児は2人までが無料

大人一人につき乳幼児は2人までが無料扱いです。

なので3人目からは有料扱いになります。

この時かかるお金は子供料金となります。

指定席などを1人分取る場合

いくら無料といっても、乳幼児分を1席取る場合は、ちゃんと1人分かかります

なので、こども分の指定席を取る場合は注意してくださいね。



新幹線子供連れの座席おすすめは?

新幹線こどもと一緒に乗るときおすすめの座席をご紹介!

子供というのは、やっぱりすぐに飽きてしまいます。

そして、じっとしてられない。

シーーといっても、やっぱり静かにできませんよね。

なのでいくつかのおすすめの場所があります

多目的室の近く

多目的室は椅子とちょっとしたスペースがある個室になります。

 

新幹線にもよるのですが、のぞみ・こだま・ひかりは11号車に設置されています。

ここは、ちょっとした休憩もできますし、小さな赤ちゃんの授乳にも使えます。

 

ですので、もし、お子様が乗り物酔いなどをされる不安があったりするのであれば多目的室近くを取るといいですね。

 

あと多機能トイレも付いている事が多いので、子供のおむつ替えもできます。

お子様の年齢がまだオムツを付けている年齢であればなお、多目的室近くがおすすめです。

 

そして同じような感じで考えられその席を取っていることも多いので同じくらいの年齢のお子様を連れている方も多いです(*‘∀‘)

ですので、お互い様なところもあり、過ごしやすいということもあります。

一番後ろか前

子供はやっぱりじっとしてられません。

ちょっと席の周りをウロウロしちゃうことだってあります

1時間程度であればまだ我慢できるかもしれませんが3時間も4時間もとなれば無理でしょう。

 

そういうときは、一番前の座席はゆったり目に座れますし、子どもがぐずった時、すぐにデッキに出られるのでおすすめです

 

わたしも娘が1歳のときグズグズ泣き出したため、気分転換によくデッキに出ました。

そうすると、立って抱っこひもの中でユラユラあやすだけで気分転換になるのか、ぐずりもおさまり、すやすや。

 

それを繰り返して4時間の旅行を無事終えることができました。

 

やはりたびたび、デッキにでたりするため、なるべく出入り口に近いほうが迷惑になりにくいですね。



新幹線に子どもと乗る時にいい対策などのおすすめ

やっぱりじっとしろという方が無理があるので飽きさせないようにするほうが手っ取り早いですね。

実際わたしが子供4人育ててきてやってきたことをご紹介していきますね。

わたしもみなさんのお知恵を拝借しやってきたことなのでこれからの方にシェアさせていただきます(*‘∀‘)

お昼寝時間を新幹線に乗る時間に合わせる

これは子供にも頑張ってもらわないといけないのですが、お昼寝時間を新幹線に乗る時間に合わせていきます。

なので、眠そうでもそこまでなるべく寝かさないようにして新幹線でぐっすり眠れるようにします。

 

といってもこれはうまくいったりいかなかったりするのですが。。

できそうな時間帯であればお昼寝をそこにあわせていきましょう。

レジャーシートを敷く

これは、席にじっとできない子のために、足元にレジャーシートを敷くのです。

そうすることでちょっと変わった環境になって喜んでくれました。

そこに座ったり、わたしの席に座ったり・・

そうやって気分転換させることで難なく終わることができることもあります

荷物のちょっとした片隅にもっていっておくと使えるかも!?

おやつを用意する

おやつを用意する!!

これはきっと言われなくてもしますよね^^

やっぱり子供の気を紛らわすには一番!

 

なんだったらいつもダメ!!っていっているようなお高いお菓子(おもちゃ付き)などをもっていっておくと効果抜群♪

しばらくレジャーシートのところで夢中についているおもちゃで遊んだりお菓子を食べてくれます(*‘∀‘)

 

ポイントはいつもはダメ!!っていっているようなお高いお菓子ですよ(´∀`*)ウフフ

おもちゃをもっていく

こちらも、きっと持っていかれる方多いのではないでしょうか^^

  • シールが張れる絵本
  • ポータブルDVD
  • スマホ・タブレット

などで常時時間つぶしをしています。

 

特に、我が家ではスマホなどは子供用のアプリをいくつかインストールしておりますので、静かにしていなきゃいけない時はかなり重宝しています。

 

この時にあると便利なものが、ポケットWi-Fiになります。

Wi-Fiがあると、いつまでも見せることができますが、なかったら自分が使える速度があっという間になくなってしまってたいへんなことに・・

そうなる前にポケットWi-Fiをレンタルされると便利です^^

DVDやYouTubeなどは音がでちゃうので、無音したり音を1だけ出したりして見せています。

それでも納得してくれますから^^

 

でも、最近こどもも4歳・5歳になってきてからは子供用アプリで遊ぶだけだいぶ時間が潰れています。

 

そして、シール張りも大好きなのでシールブックといくつかのシールを購入しておき、渡します。

こちらも集中してくれるので時間を忘れますよ(*‘∀‘)

シールは、100均のダイソーなどでとってもいいシールブックが色々売っています。

我が家はダイソーなどで数種類買っておいて遊ばせます(*‘∀‘)

時間に余裕を持って出かける

子供と出かけるときは、やっぱりすべてうまくいきませんよね

これはきっとママさんみんな知っていることだとは思います。

 

でも一応念のために(*‘∀‘)

 

新幹線というのは時間がしっかり決まっています

待ってくれません。

 

なので、できる限り早め・早めに駅に到着して新幹線が来るのを待つくらいの余裕をもっていきましょう

 

駅で新幹線内で食べるもの・飲むものなどをしっかり購入し、子供のおもちゃなどをすぐにだせるように、上の棚にのせる荷物、手元にすぐだせる小さなカバンに分けたりしておきましょう。

 

そうすることで、親も子もイライラせずいい旅行になります(*‘∀‘)

時間に焦るとやっぱりイライラしちゃいますよね。

 

なので子供の機嫌が悪くなったりで時間に追われないように早め・早めですよ(*‘∀‘)

まとめ

新幹線子供料金や座席のおすすめや乗り切るための対策などのご紹介でした♪

 

新幹線で大型連休旅行を考えていらっしゃる方に少しでも参考になればと思います。

子供連れだと色々大変ですがそれもまたいい思い出になります(●´ω`●)

 

楽しい旅行にしてきてくださいね^^

▶新幹線+宿泊で予約するほうがお得です♪

もしまだ国内旅行のホテル予約がまだの方は早めにしないとすぐに埋まってしまいます

空きがっても高い部屋ばかり・・ということもよくあります

最安値を一気に探すならエクスペディアで一気にまとめて探してみてくださいね。

 

ABOUT ME
yun
世の中の気になるアレを調べてご紹介していきます!