こどもとお出かけ

【新幹線】自由席はどんなに混雑しても(満員でも)乗りこめる?

今回は新幹線の自由席ってどれだけ混雑していても乗ることはできるの?

ということについて触れてみたいと思います。

乗れるというのは、新幹線自体にってことなんですが、年末年始やお盆、GW、連休の時って本当に混雑しています。

そういう時に、乗り込むことができるの?という疑問についての記事になります。

 

新幹線に初めて乗るという方は右も左もわからないのでとっても不安に思いますよね。

自由席=自由に座れる席というイメージもあるので混雑して人があふれている場合どうなるのか・・

気になるところではないでしょうか?

 

というわけで、今回は新幹線の自由席はどんなに混雑していても乗ることができるのか?についてご紹介していきますね。

ぜひご参考にしてみてくださいね

新幹線の自由席はどんなに混雑しても乗れるの?GWやお盆・年末年始など

新幹線の自由席どんなに混雑していても乗ることができるのか

まずは、この答えについてご紹介していきましょう。

 

まず、新幹線の自由席でどんな混雑していても乗ることはできます!し、できないこともある

よく、ニュースなどで乗車率150%とか200%とか聞きませんか?

 

これがまさに答えで、乗車率200%以上っていうと、、乗れる範囲を超えちゃっているということですよね。

 

ただ!

混雑で乗れないことももちろんあります。

それは、本当に乗れないほどの混雑だった場合です。

 

いくら混雑時に乗れるといっても新幹線に人間が乗れる最大のキャパというものが存在しますよね。

電車の屋根に乗らない限りはここにもMAXというものはあります。

 

ですので、駅員さんが新幹線の自由席車両で押し込んでいる映像とかよく見かけますよね。

そういうときに押してももう乗れない時。

この時はもう混雑時は自由席でも乗れません。

 

ただ乗れるか乗れないかでいうと・・

新幹線の自由席はどんなに混雑していても乗れるということになります。



新幹線自由席が満員の時ってどんな感じでみんな新幹線にのっている?

では新幹線の満員って例えばどんな感じなんでしょうか?

 

サラリーマンのような満員電車のようなイメージもありますよね。

 

これはその時の乗車率とも関係があります。

例えば・・

「のぞみ」の普通車で座席数が130席あります。(700系)

130席あるということは、130人乗車できる=100%ですよね。

乗車率が120%だと156人乗車という計算になるので26人がはみ出る計算になります。

 

だとすると、この26人のかたがデッキに立っていたりするほどで大混雑という感じではないでしょう。

 

これが150%、180%となってきたら・・だいたいおおよその検討はつきますね

席の横にも人、デッキにも人。

それもギューギューになっていきます。

 

ですので、こういうのを想定して小さな椅子を持参される方も稀にいらっしゃいます

注意

新幹線には、全席指定のものと自由席がある新幹線とあります

ですので、まずは乗ろうとしている新幹線には自由席があるのかちゃんとチェックしておきましょう。

ちなみに・・・

東北新幹線

  • はやぶさ
  • はやて

秋田新幹線

  • こまち

北陸新幹線

  • かがやき

にはないので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

新幹線自由席ってどんなに混雑していても(満員でも)乗ることはできるのか?についてご紹介してみました。

 

初めてだったら気になりますよね。

でも新幹線の自由席は基本混雑時でも乗ることができます。

 

もう180%や200%になってくるとかなりの混雑ですが・・

それでも乗ることができる限り乗れます。

あとは、疲れるか疲れないか・・だけの違いです(;’∀’)

 

というわけで急に新幹線でお出かけをしよう!と思ったけど混雑時期だった・・!

という場合などは参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
yun
世の中の気になるアレを調べてご紹介していきます!