リメイクとアレンジの違いって何?ちょっとした疑問を解決!

スポンサーリンク

リメイクとアレンジの違いって何だろう?とふと疑問に思ったりしますよね。

もしかしたら自分は間違った使い方をしているのかも・・・と不安になってしまうことも。

そこで今回はリメイクとアレンジの違いをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リメイクとアレンジの違い

リメイクとアレンジの違いの前に、それぞれの意味をご紹介していきます。

リメイク

  • つくりなおすこと。もう一度つくること。「リメイク商品」
  •  再び映画化すること。また、その作品。「往年の名作を現代版にリメークする」
    (デジタル大辞林)

「リメイク」は、芸術作品に関して使用することが多く、特に過去に発表された作品を、もう1度作り直すと「リメイク」になります。

こうして作られたものを「リメイク品」などと呼びます。

アレンジ

  • 配置すること。配列すること。「家具をうまくアレンジする」
  •  編曲すること。脚色・翻案すること。「名曲をアレンジする」
  • 新しく構成しなおすこと。「和風にアレンジした料理」 (デジタル大辞林)

「アレンジ」を使用するのは日常生活のちょっとした場面です。

何か物事を整えたり、変化を加えたりしたいときに「アレンジ」を使って表現することが多いですね。

まとめ

それぞれの意味のご紹介でした。

 

あるものを別の物に作りなおすことは、リメイク。

基本的なデザインは変えずに装飾などを変えるのは、アレンジ。

という風になっています。

 

ぜひこの記事でリメイクとアレンジの意味や使い方を確認して実際の生活でも役に立てるようにしてみてくださいね。

 

違い
スポンサーリンク
いーね編集部をフォローする
スポンサーリンク
e-ne

コメント

タイトルとURLをコピーしました