【犬】ペットホテルの持ち物リスト!写真付きでご紹介

スポンサーリンク

愛犬を預かってくれるペットホテルは、長期間家を空けることになってしまう飼い主さんからしたらとても助かりますよね。

いざ、ペットホテルを利用しようと思うけど、

ペットホテルには何を持っていけばいいの?と疑問に思いますよね。

ここではペットホテルに必要な物をまとめてご紹介しますので、

参考にしてください。

スポンサーリンク

【犬】ペットホテルとは?

 

ペットホテルとはその名の通りペットのための宿泊施設です。

急なお出かけや出張、長い時間家を空けなければならなかったり、代わりに面倒を見てくれる人が居ないときに利用できる施設です。

 

ホテルは日帰りプランから2日以上の長期プランまであり、料金やサービスはホテルによって異なります。

 

サービスのあるホテルだと、

ホテルに泊まっている間のペットの様子を見られるペットホテル、

サロンがあるペットホテル、

フリースペースでのびのびケージに入れないペットホテルなど、

今ではたくさんのサービスがあるペットホテルがあります。

 

 

もちろん別料金は発生しますが、このようなサービスを利用している方も多いのではないでしょうか。

 

中でも、お泊りの様子を見ることができるカメラが設置されたペットホテルが好評で利用している方が多いようです。

これは飼い主さんにとってもてとても嬉しいサービスですね。



ペットホテルに持っていくものは何?

実際に、初めてペットホテルを利用した際の持ち物をご紹介したいと思います。

 

我が家にはミニチュアシュナウザーがいて、ブリーダーの元で出会いました。

そこのブリーダーにはペットホテル、ペットサロン、ドッグランがありペットホテルを利用する際にはトリミングも一緒にお願いし、いつもペットホテルから帰ってきたときは、綺麗になって帰ってきます。

 

初めての利用のときに、ブリーダーさんに連絡を入れ必要なものを聞きました。

 

必要なものは、

◎普段食べているご飯

◎お気に入りのおもちゃ

◎毛布

 

上記のものを手提げ袋や紙袋にいれて持って行っています。

ご飯が入っている袋には、名前とご飯を上げる日付、日付の横に(朝)・(夜)と記入をしお願いしています。

 

 

私が利用したブリーダーさんのペットホテルではこの3つだけで利用可能でした。

 

ブリーダーさんの元なので、愛犬のこともよく知っており、

ワクチン接種をしたことやトイレができるのかを事前に確認することで、持ち物を減らすこともできますが、

他のペットホテルでは、そうはいきません。

 

基本的に必要な持ち物をまとめましたので、参考にしてください。



基本的な持ち物リスト

私が利用するペットホテルは先ほどの3つのみでしたが、ペットホテルによっては必要なものも異なってきますので、

ペットホテルを利用する際に、基本的に必要なものは以下の通りです。

◎飼い主さんの身分証明書

◎食べなれたご飯

◎いつも使っているおもちゃ

◎予防接種が確認できるもの

◎かかりつけ病院の連絡先

◎首輪やハーネス・リード

◎トイレが完璧でない場合はマナーベルトかオムツ

◎自分のニオイが付いた毛布やタオル

◎投薬(あれば)

 

 

ペットホテルによりますが、上記のものが必要になってきます。

詳しくは利用するペットホテルのHPに記載されているので、確認してみましょう。

まとめ

ペットホテルを利用する際の持ち物のご紹介でした。

 

今ではペットホテルがたくさんあります。

飼い主さんも愛犬も安心して過ごせるペットホテルを見つけてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました