妊娠/出産

妊娠に気づかずマグロを食べてしまった!赤ちゃんは大丈夫?

妊娠中ってマグロはダメって聞くけど、妊娠に気づかず食べてしまった!

赤ちゃんは大丈夫?と不安になってしまいますよね。

妊娠中にマグロがどうしてダメと言われているのかをご紹介したいと思います。

妊娠中にマグロがダメと言われる理由

妊娠中にマグロを食べないようが良いと言われている理由は、

マグロやクジラ、キンメダイなどの深海魚は、メチル水銀という物質を多く含むため、妊娠中に食べる量に気をつけないといけない食材と言われています。

 

メチル水銀は、胎盤を通り抜けることができ、胎児の脳に到達します。

高濃度のメチル水銀は胎児の神経系に作用し、神経障害や発達障害を引き起こす可能性があると言われているそうです。

 

すごく不安になってしまいますが、

可能性があるというだけで、絶対というわけではありません。

もし妊娠中に食べてしまったら?

妊娠中にマグロは食べてはダメ!というわけではなく、

マグロの種類によっては食べる量に注意が必要ということだけなのです。

 

魚は良質なたんぱく質やカルシウムをはじめ、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という脂肪酸が豊富に含まれています。

DHAやEPAは赤ちゃんの神経組織の生成のために重要な働きをもっているので、妊娠中も積極的に食べたい食材です。

 

ですが、食べ過ぎると、

おなかの赤ちゃんに水銀が影響する可能性があると言われています。

 

とても難しいですよね。

妊娠中に食べない方が良いと言われていますが、

摂取量をきちんと守れば特に問題はなしということになります。

なんでも過剰摂取はいけないということで、

逆に敏感になりすぎるとかえってストレスにもなってしまいます。




食べてしまって不安な時は先生に相談しよう

もし、妊娠中にマグロを食べてしまって不安な時は、

産婦人科の先生に相談してみましょう。

 

これが今のママに一番良い薬かもしれませんね。

先生に相談して、適切な診断を受けてママ自身安心してください。

体験談

私自身、お寿司が大好きでよくお寿司屋さんに行っていました。

初めて妊娠したときは、マグロがあまりよくないということは知らず、普通に食べてしまっていました。

そのあとに、マグロは食べない方が良いと知りましたが、時すでに遅しでしよね。

 

不安な気持ちもありましたが、

生まれた赤ちゃんは特に問題もなく、元気に過ごしています。

今では既に5年生になり、あの心配はどこえやら・・・。

 

もし、マグロを食べてしまって不安になっているママさんに少しでも参考になれば幸いです。

ですが、一番は産婦人科の先生に相談して適切な診断を受けてくださいね。

ABOUT ME
いーね編集部
世の中の気になることを更新中