子供が虫歯になった!歯医者でどんな治療するの?麻酔なしでもできる?

シェアする

こんにちわ^^

今回は虫歯についてのご紹介です。

子供の虫歯は自分の虫歯よりショックですよね。

そして子供は歯医者がなぜかすごく怖がります。

我が娘も虫歯になってしまい、そしてものすごく歯医者キライ・・

そうこうしているうちにどんどん虫歯が進行してしまって・・・

同じように悩まれている方も多いのではないでしょうか?

虫歯や歯医者にいってどんな治療をしてどんな風に治ったのかご紹介していきますね。

スポンサーリンク

子供が虫歯に!歯医者ではどんな治療するの?

子供の虫歯について

子供の虫歯は100%親の責任です。

これは言われなくてもきっとわかっておられると思います。

そして十分に反省もされておられることでしょう。

わたしも同じです。

ものすごく後悔もしましたし、反省もしております。

子供が歯磨きをものすごく嫌がったため、押さえつけての歯磨き・・

ちゃんとしたつもりでもちゃんと磨けていなかったのでしょう・・

でも、虫歯になればもっと後が大変・・

これは本当に反省しました(>_<)

そして、子供の虫歯は大人の歯より非常に弱く、進行がものすごく早いです。

みるみるうちに進行し、あっという間に広がります。




虫歯があればすぐに歯医者へ

我が娘は、よ~く目を凝らして見ないとわからないくらいの小さな虫歯がスタートでした。

その当時はまだ2歳。

歯医者へすぐに行き、みてもらうと・・

確かに虫歯ですが、初期ですね。

でもまだ小さすぎるため治療はまだ難しいですね。

ということでした

ですが、とりあえずこれ以上進行しないようにフッ素だけ塗って貰いました。

その後・・

数ヶ月で上の歯はどんどん広がり・・ほぼ全部じゃない?というほどまで広がりました。

ですので、少しでも『コレ・・虫歯?』と思ったらとりあえずすぐに歯医者へいってください。

歯医者と行っても小児歯科へいきましょう。

小さい場合は治療をしてもらえないかもしれませんが、もし3歳、4歳であれば治療は可能です。

初期であればすぐに終わります。

子供の負担もかなり少なく済みます。

ママのその1歩が大切です。




歯医者ではどんな治療するの?

我が家が通っている歯医者ではまだ3歳の頃は大泣きだし、慣れていないということもあって私と一緒にイスに座って

一緒に横になっての治療スタートとなりました。

それでも大泣きだし、暴れるし・・もう大変・・

一緒に椅子に座っているときは、あの嫌な音がする機械を使っての治療でした。

麻酔はしません。

麻酔なしでできる範囲での治療となります。

そして今4歳!

ひとりで座る練習をしています。

ひとりなのであの音がイヤみたいで大暴れするため、先生は機械なしで治療を試みてくれています。

どうするのかというと、1本の棒状の器具で手でカリカリとばい菌をとってくれます。

本当に少しずつ・・

それだと娘もじっとしています。

表面のばい菌をとにかく少しずつ削って・・茶色の部分をカリカリ・・

それが終われば次は、白くかたまる液体を少しずつ少しずつ歯の表面にぬっていきます。

少し塗っては、青く光るものを当てて固めます。

それを3度ほど続けることでどんどん歯の表面に大きく固まって歯ぽく形ができていきました。

最後だけは機械でケシゴムさんといって表面のガタガタを直します。

それで終了となります。

暴れなければ5分ほどで終わりそうな作業なのですが・・

まだまだ娘は歯医者が大嫌い。

治療前から大泣きで・・30分ほどかかりました(>_<)

治療前と治療後!画像付き

とりあえず本日も治療へいってきましたので画像で!

この茶色の歯!

かなり進行しています。

実は・・この茶色の歯の横の歯たちも虫歯で治療済です。

真っ白でしょ。

で、この歯を本日治療してこうなりました。

まとめ

真っ白ですね。

歯医者はすごいですね。

本当に真っ白になると感動します。

本当に私の最大の悩みでしたので・・

子供は本当に大泣きします。

なんなら大暴れします・・

次もこれは可哀想だな・・もう少し大きくなるまで待った方が良いかな・・

と、思ってしまいます。

わたしはこのような気持ちになって、もう少し落ち着いてできるようになるまでまとう・・

というこの気持ちのせいで娘の虫歯はどんどん進行しました。

本当だったら少しの治療ですむ場所も・・

親のその可哀想だという気持ちが悪循環で子供にさらに通う回数を増やしてしまうのです。

ですので、泣いてもわめいても、暴れても心を鬼にして連れて行ってください。

それが子供にとって最大の母の優しさになります。

わたしは本当に反省しています。

娘が可愛いあまりに泣いていたり、歯医者いやだーっていうのが可哀想になってしまい・・

ドンドン進行して、余計に歯医者へいく回数を増やしてしまいました。

私は悪い見本です。

このようにならないように、もし少しでも虫歯かも?と悩まれているのであれば明日にでもすぐにいってください。

それが一番のいい選択です。

虫歯にしてしまったことを悔いているなら、今後虫歯にならないように気をつけてあげれば良いのです。

あまり自分を責めずに、歯医者にいってこの後悔を忘れずにしっかりケアしてあげましょうね

小さなお子様用の食品レベルで作られた歯磨き粉などもありますのでご活用されてもいいかもしれません。そうすることで少しでも子供の負担も減らせますし、食品レベルでできているため飲み込んでしまっても安心ですからね。



食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル